×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ブルーの日記 499年16日〜20日



499年16日



授業、途中まで聞いてたけど、2時間目が終わったらミリルちゃんを誘って、お母さんの応援に行った。
ミリルちゃん、よくOKしてくれるなぁ。
僕はミリルちゃんが好きだから、ただ一緒にいたいっていうのが本音だけどね。
でもお母さん負けちゃった。残念…。
 
 
  499年17日



今日は朝から雨が降っていた。
僕はいつものように学校に行ったけど、今日はミリルちゃんの姿がなかった。
1時間目が終わってハボック君とワクト神殿に行くと、ミリルちゃんが一人でお祈りをしてた。

「何してるの?」

「これから学校にお勉強に行くのよ」

よかった、2時間目からは来るんだね。
だけど、休み時間にはワクト神殿で、学校終わった後には合間を縫って湖で訓練してることを知る。本当にすごい。頑張ってる。

…ミリルちゃんって1つ僕より年上だから、僕より1年先に大人になるんだよなぁ。
きっといろんな人にデートの誘いとかも来るんだろうな。
この気持ちはなんだろう…。


 
499年18日



「ねえミリルちゃん、僕も訓練について行ってもいい?」

「うん、別にいいけど」

彼女にどうにかして追いつこうと、訓練に行くときは僕も連れていってもらうことになった。

ハァハァ…、ハードだ……。
今日のスケジュールは、学校で1時間目の授業を受けて、チャイムが鳴ると同時に急いでバスの浜へ行って砂浜ダッシュ。
そしてその後はアイシャ湖でスタミナ訓練。
そして学校へ戻って4時間目を受ける。
にしても何でミリルちゃんはそんなに涼しげな顔をしてるんだ…。
今日はよく寝れそうだ。
 
 
  499年19日



ハボック君に試合を観に行こうと誘われたけど断って、今日もミリルちゃんについていった。
うーん今日も一日ハードだったな…。
明日はエナの子コンテストの日かぁ。
あ、そういえばお母さんと一番仲のいいユナンさんだけど、もうすぐ結婚するらしいんだ。
25日かな?
結婚式見に行かなきゃね。
499年20日



メル・ローディスさんが危篤になったという知らせがあった。
メルさんは、お母さんとも昔からの仲なんだけど、ジマショルグ長で31歳の今でもキレイで素敵な人なんだ。
何度か家に来たことがあったから、僕も知っている。
メルさん…元気になるといいね。
メルさんちを急いで飛び出して、評議会館邸のミリルちゃん宅に向かった。
彼女のことだからもういないだろうなぁ…と思いながら。

「あっ、ブルー君。おはよう」

「あれ? ミリルちゃん、まだ家にいたんだね」

ミリルちゃんは一人でお留守番してイムを撫でていた。

「ちょっと休んでるとこよ」

「そっか。コンテストには行かないの?」

「うーん、あんまり興味ないんだよなぁ」

「じゃあ、ワクト神殿にでも行ってみようよ」

「いいよ」

二人で神殿に行って、何をするでもなく、挙式予定とかを見てた。

「じゃ、私帰るね」

「うん、またね」

ミリルちゃんも休日はちゃんと休むんだなぁ。
平日あれだけアクティブに動いてるもんね。
今日もまた少し彼女のことを知れた気がする。
 
 


前の日記を読む

次の日記を読む



Back